2016年11月11日

リアル八十日間世界一周


 ジュール・ベルヌの「八十日間世界一周」は刊行当時、近未来を描いたSF小説だった。刊行から20年後位だったか? アメリカの二人の女性記者が小説よろしくそれぞれ西周りと東周りで八十日間世界一周の旅に出た。
 蒸気船の大西洋航路が開かれたり、アメリカ大陸横断鉄道が完成したばかりだった。
 どっちが先に世界一周を果たすのか、どんな体験が二人を待っているのか、後編が楽しみだ。
posted by 今さらTVっ子 at 09:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月02日

桐谷美玲&三浦翔平,夜の水族館に忍び込む不道徳カップル

 桐谷美玲主演のドラマ「好きな人がいること」は江の島を舞台にしたパティシエの恋愛ドラマだが、第3話では夜の新江の島水族館にカップルで忍び込むという大胆な犯行をやってのけた。
 実に不道徳な主演女優&相手役である!
 という意見もあろうが、新江の島水族館では夜の見学ツアーってやつをやっているんだよね。夜の水族館の美しさをドラマを通じて茶の間の方々に見せて夜の見学ツアーに呼び込もうというステルスマーケティングじゃないのかなあ。ドラマ中のエピソードとは言え唐突過ぎる不自然な行動だったし。
posted by 今さらTVっ子 at 18:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月23日

「ゆとりですがなにか」青年達の成長物語だったね


画像URL出展 http://www.ntv.co.jp/yutori/index.html

 「ゆとりですがなにか」、今期のドラマでは「重版出来!」と並んで面白かった。
 はじめは面倒くさいドラマが始まったなあと思ったが、話が進むごとに引き込まれて行った。流石、宮藤官九郎脚本。
 何かと駄目出しされるゆとり世代。もし本当に駄目だとしてもゆとり教育を進めてきた政治行政が悪いのだが。日本の国際競争力を下げるためにアメリカが日本の官僚をそそのかして進めた政策だと私は思っているのだが、その犠牲者は当時の子供たちだ。
 だが本当にゆとり世代はダメなのか? 我々にそんな投げ掛けをしてくるドラマだ。岡田将生演じる主人公の坂間正和(29歳)は食品会社に勤めるゆとり第一世代。
 ゆるい仕事ぶりが祟り子会社の居酒屋チェーンの店長に事実上の降格。店長と言っても未経験だから毎日部下に叱られ蔑まれる毎日。同期入社の彼女がいるが、これがデキル女で同期の出世頭。社内では上司と部下の格差カップル。たまったうっぷんを主人公が吉田鋼太郎演じるレンタルおじさんの麻生某に愚痴るところ辺りから物語が動き始める。
 相当端折って説明すると、3人のゆとり世代の若者(サラリーマン、小学校教師、ポン引き)の3人が失敗し苦悩しながら成長していく物語だ。本当にゆとり世代はダメなのか、ゆとり教育にも良いところはあったじゃないかと問いかけながらね。
 毎回ひと悶着もふた悶着もありながら最終回には概ねハッピーエンドに辿り着く3人。主人公はめでたく彼女と結婚。この彼女(演・安藤サクラ)が不細工なところが良いんだな、ドラマで恋人役って言うといつも美人ばかりで辟易していたから。誉められるのは出来の悪い顔の作りだけでなく、演技力。デキル強い女だけど中身はカワイイ悩める女を上手に演じていた。
 結局は、古代エジプトから言われている、年寄り目線から見た「最近の若者はなっとらん」の永遠の繰り言にゆとりって言葉を当てはめただけなんだよね。
 若かりし頃、「新人類」ってレッテル貼りで呼ばれた世代の私には良〜く分かるよ。
 
posted by 今さらTVっ子 at 13:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月22日

元気をもらった重版出来!

 「重版出来!」は見る者を元気にしてくれるドラマだった。
 主演の黒沢心(黒木華)のはつらつとした演技に感染して、視聴者まで元気になってしまう。そんな感じ。
 脇を固める松重豊、生瀬勝久、小日向文世らが良い味を出していたなあ。松重豊、生瀬勝久、小日向文世の3人の親父はテレビに出過ぎで、どのドラマにも誰か1人は出ているくらいの出ずっぱりで、他に使える脇役はいないのか! と言いたくなるのだが、他に代えがたい人々ということになるのかなあ。
 このドラマ、人気があったようだから続編も作られるかもしれない。テレビだから重版とは言わないか。続編出来!?
 
posted by 今さらTVっ子 at 17:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月21日

ぶっこみジャパニーズのお笑い忍者ショー

 21日放送の「ぶっこみジャパニーズ」。
 アメリカの忍術と言うよりお笑いに近いインチキパフォーマンス忍者に本物の忍術を見せつけるという内容だったが、武蔵一族の本物の忍術とやらもパフォーマンスにしか見えなかった。(^▽^;)
posted by 今さらTVっ子 at 21:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。